BTO ジャンル別徹底比較

10万円~15万円以下で買える最新ゲーミングPCの検証 スペック表で徹底比較!オススメできるPCもあり

ゲーミングPCを購入したい人の多くは10万円~15万円の範囲で探していることが多く、とても人気のある価格帯です。結論からいえば、この価格帯のゲーミングPCは上級者ゲーマーにとってはいまひとつな性能ですが、初心者~中級者のフルHDでプレイするゲーマーには十分な性能とコストパフォーマンスがあります

この記事では、税込10万円~15万円で買える最新のゲーミングPCの実情を、現役エンジニアの視点から解説しています。

ゲームに耐えるスペックなのか」「コストパフォーマンスは問題ないか」総合的に検討し、初心者でもしっかり理解できるように紹介しています。

迷ったときのおすすめパソコンも、スペック表でかんたんに比較できるように紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • スペックの選び方 (CPU, グラフィックス)
  • スペック徹底比較表
  • おすすめパソコン3選

 

10万円から15万円までのゲーミングPC例

 

10万円から15万円までのゲーミングPCの実情

最も人気がある価格帯!初めてのPC購入でも安心感

10万円~15万円の価格帯は、ゲーミングPCを探す人にとって選びやすく、最も人気の高い価格帯のひとつとなっています。そのため取り扱い品数が多く、実際かなり売れています。

手が届きやすい低価格モデルだとどうしてもスペックの選択肢が狭くなってしまいますが、最近のゲーミングPCは低価格化・高性能化によって10万円~15万円でもそれなりに優れた性能を発揮するようになりました。予算が少なめの人でも手が届きやすいのは嬉しいところ。初めてのゲーミングPC、高性能PCの購入にもオススメの価格帯です。

 

中程度クラスまでのゲーミング性能は十分

実際、10万円以下のモデルだとゲーミングの性能不足が多いです。

ところがこの10万円~15万円の価格帯になると、それなりのグラフィックス性能・ゲーミング性能を発揮するモデルが登場してきます。多くのモデルではグラフィックスにGeForce GTX 1660GTX 1660 SUPERを採用していて、ローエンド~ミドルレンジに位置するグラフィックス性能があります。そこそこに重たいゲームも標準設定でプレイ可能な頼れるグラボ構成ですね。さらにセール時には、GeForce RTX 3060 クラスのミドルレンジGPUが選べることもあり、かなりお得感があります。

とはいえ、重量級のゲームを遊ぶのにはさすがに不十分なスペックであることも事実。重たい3DゲームやFPS、VRゲームをプレイするなら、15万円~20万円台のものを選択したいです。

 

10万円から15万円までのメリット・デメリット

10万円~15万円のゲーミングPCはそれなりのゲーミング性能をもつモデルが多くなっています。なので、予算に制限がある人でも、手軽に快適なゲーミングPCを手に入れることができるのがメリットです。

しかも、取り扱い商品数が最も多い価格帯であり、売れているモデルが多い状態です。販売数が多いモデルの部品は豊富に確保されていることが多く、万が一のサポート体制も期待できるのは大きいですね。

とはいえ、同じ性能で比べたときの価格差が大きく、コストパフォーマンスが十分なものを選びにくい価格帯でもあります。そのため、スペックが十分であり、かつコスパの良いモデルを選べるような審美眼が必要になります。記事の後半ではその審美眼を育てられるよう、しっかりとゲーミングPCの選び方を解説していきます!

メリットとデメリットを整理すると以下のとおり。

メリット
  • それなりに快適なゲーミング環境を作れる
  • 予算制限がある人でも購入しやすい価格帯
  • 最も人気で販売数が多い価格帯
デメリット
  • 商品数が多く、コスパを見極める審美眼が必要

 

10万円から15万円までパソコンの選び方(ポイント)

現在各メーカーが販売しているゲーミングPCで10万円から15万円までのものを調査すると、それなりのゲーミング性能を持っていることが分かります。

実際にゲーミングPCを選ぶときには、最も重要なスペックのCPUグラフィックスを中心にチェックして、やりたいゲームやプレイスタイルに合ったものを選ぶとよいでしょう。それぞれ詳しく見ていきますね。

 

CPUの見方

画像はコチラ(CPUスコアの一覧)

10万円~15万円のゲーミングPCで選択可能になるCPUは11世代Intel CPUではCore i5-11400、AMDだとRyzen 5 3500がメインになります。このクラスのCPUは現在人気のあるほとんど全てのゲームをフルHD環境でプレイするのに十分な性能です。プレイ動画の切り抜き編集や画像編集(Adobe製品など)にも対応しています。一方、重ためのゲームを日常的にプレイしたり、ストリーミング配信などを併用するのには少しキツイです。よりハイスペックなCPUを選ぶならCore i7 や Ryzen 5 5800X 搭載マシンを選択するとよいでしょう。

 

メモリの見方

10万円~15万円のゲーミングPCでは、メモリは16GB搭載されていることが多いです。ゲーミングで快適に使用するには16GB以上がおすすめ。標準スペックで8GBのモデルは、予算的に可能なら、16GBにカスタマイズしてもよいかもしれません。

 

グラフィックスの見方

画像はコチラ(GPUスコアの一覧)

10万円~15万円のゲーミングPCでは、GeForce GTX 1660 または GeForce GTX 1660 SUPER が搭載されているモデルが多いです。ローエンド~ミドルエンドに分類されるGTX 1660は現在でも最も人気なGPUのひとつ。人気のゲームに幅広く対応していて、標準的なフルHD設定環境だとそれなりに快適に動作します。とはいえ、重量級のFPSゲーム・3DRPGなどでは物足りなさを感じることも。上級者ゲーマーや玄人はより高性能なGPUを選びたいところです。レイトレーシングなどの高度なレンダリングを実装するRTX 3060は、15万円~20万円の価格帯から選べます。

補足

以前だとこの価格帯でもRTX 3060モデルを選べたのですが、半導体価格の高騰により、一段上の価格帯でしか見かけなくなりましたね。たまにセール品などでRTX 3060モデルを選べます。

 

10万円から15万円までのゲーミングPCスペック徹底比較表

デスクトップタイプ

メーカー マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター パソコン工房 パソコン工房 パソコン工房 FRONTIER FRONTIER SEVEN SEVEN SEVEN SEVEN SEVEN パソコン工房 パソコン工房
製品名 G-Tune PM-A-1050Ti
G-Tune PM-A-1050Ti
G-Tune PM-B
G-Tune PM-B
G-Tune PL-B-1050Ti
G-Tune PL-B-1050Ti
G-Tune PL-B (おすすめ)
G-Tune PL-B (おすすめ)
LEVEL-M056-114F-SAX
LEVEL-M056-114F-SAX
LEVEL-M0P5-R535-DSX
LEVEL-M0P5-R535-DSX
LEVEL-M0P5-R535-RXX
LEVEL-M0P5-R535-RXX
FRGKB560
FRGKB560
FRGXB560 (おすすめ)
FRGXB560 (おすすめ)
ZEFT G09K
ZEFT G09K
ZEFT RA2F
ZEFT RA2F
ZEFT GA2B
ZEFT GA2B
ZEFT G09H
ZEFT G09H
ZEFT GA1Y
ZEFT GA1Y
LEVEL-M0P5-R535-RBX (おすすめ)
LEVEL-M0P5-R535-RBX (おすすめ)
LEVEL-M056-114F-RXS
LEVEL-M056-114F-RXS
CPU Ryzen 5 5600X Core i5-11400F Core i5-11400 Core i5-11400 Core i5-11400F Ryzen 5 3500 Ryzen 5 3500 Core i5-11400F Core i5-11400F Core i3-10105F Ryzen 5 5600X Core i5-11400 Core i3-10105F Core i5-11400 Ryzen 5 3500 Core i5-11400F
グラフィックス GeForce GTX 1050Ti GeForce GTX 1660 GeForce GTX 1050Ti GeForce GTX 1650 GeForce RTX 3060 Radeon RX 6600 XT GeForce GTX 1660 Ti 6GB GeForce GTX 1660 SUPER GeForce GTX 1660 SUPER GeForce GTX 1660 Super GeForce GTX 1650 GeForce GTX 1650 GeForce GTX 1660 Super GeForce GTX 1650 GeForce RTX 3060 GeForce GTX 1660 Ti
メモリ 8GB 16GB 16GB 16GB 16GB 16GB 16GB 16GB 16GB 16GB 8GB 16GB 8GB 8GB 16GB 16GB
SSD 256GB NVMe M.2 256GB NVMe M.2 256GB NVMe M.2 512GB NVMe M.2 500GB NVMe M.2 500GB NVMe M.2 500GB NVMe M.2 512GB NVMe M.2 512GB M.2 NVMe SSD 500GB NVMe M.2 240GB NVMe M.2 500GB NVMe M.2 240GB NVMe M.2 240GB NVMe M.2 500GB NVMe M.2 480GB SATA
HDD 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し 無し
光学ドライブ 無し 無し 無し 無し DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ 無し 無し DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 500W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE 700W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE 600W 80PLUS BRONZE 600W 80PLUS BRONZE 600W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE 600W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE 700W 80PLUS BRONZE 500W 80PLUS BRONZE
価格 137,280円~ 137,280円~ 120,780円~ 126,280円~ 149,980円~ 145,981円~ 125,980円~ 134,800円~ 129,800円~ 148,280円~ 142,780円~ 139,480円~ 138,380円~ 129,580円~ 146,980円~ 129,980円~

 

ノートタイプ

メーカー マウスコンピューター パソコン工房
製品名 G-Tune P5
G-Tune P5
LEVEL-15FX150-i7-NASX
LEVEL-15FX150-i7-NASX
CPU Core i7-10750H Core i7-11800H
グラフィックス GeForce GTX 1650 GeForce RTX 3050
メモリ 16GB 16GB
SSD 512GB NVMe M.2 500GB NVMe M.2
HDD 無し 無し
バッテリー連続駆動 約9.0時間 約2.6時間
価格 148,280円~ 149,980円~

 

10万円から15万円までのゲーミングPC おすすめ3選

上のスペック比較表の中から、価格別におすすめのPCを紹介します。

 

G-Tune PL-B

ポイント

大手BTOパソコンメーカー「マウスコンピューター」のゲーミングPCブランド G-Tune の入門モデル。GPUはIntel CPU Core i5シリーズ、GPUにGTX 1050Tiと、ローエンドな構成です。かなり価格を抑えていて手が届きやすいですが、ゲーミングPCとしてはロースペックの入門機。軽めのゲームならフルHD・高設定でもサクサク動きますが、重ための3Dゲームだと快適とはいえない動作になるかも。 メモリは16GB、ストレージに512GB SSDを搭載しているので、この部分はカスタマイズしなくても十分ですね。

モデル名 G-Tune PL-B
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i5-12400F
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce GTX 1650
ストレージ 512GB SSD(NVMe)
電源 500W ( 80PLUS(R) BRONZE )
ネットワーク IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 最大2.4Gbps対応 Wi-Fi 6対応 + Bluetooth 5 内蔵
本体重量 約7.1kg
保証 1年間修理保証・24時間×365日電話サポート

154,800円~(税込)

公式サイトでカスタマイズしてみる

 

FRGXB560

ポイント

老舗BTOパソコンメーカー フロンティアのゲーミングPC。GeForce GTX 1660 SUPER搭載パソコンが非常に低価格で販売しており、Core i5搭載PCの中でかなりコストパフォーマンスが高いモデルとなっています。正直、15万円以下の予算なら一番オススメのモデル。しかもメモリは16GB、512GBストレージを搭載しているのでカスタマイズなしでも十分です。600W 80PLUS BRONZE認証電源を搭載しており、拡張性にも余力があります。


モデル名 FRGXB560
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Intel Core i5-11400F
メモリ 16GB (8GB x2)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER
ストレージ 512GB SSD(NVMe)
電源 600W ( 80PLUS(R) BRONZE )
大きさ 幅 19cm × 高さ 35.6cm × 奥行 42.1cm

129,800円~(税込)

公式サイトでカスタマイズしてみる

 

LEVEL-M0P5-R535-RBX

ポイント

パソコン工房のゲーミングPCブランド Level8 の入門モデル。この価格帯では珍しく、GPUにRTX 3060 を搭載していて、ゲーミング性能が底上げされています。重量級の3Dゲームもかなり快適にプレイでき、高フレームレートのモニタ出力にも対応します。CPUはRyzen 5 3500と、貧弱さがあるのが唯一の欠点。グラフィックス性能を重視するゲーマーにおすすめの一台です。ケースはミニタワータイプでコンパクトな仕様。

モデル名 LEVEL-M0P5-R535-RBX
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Ryzen 5 3500
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce RTX 3060
ストレージ 500GB SSD(NVMe)
電源 700W ( 80PLUS(R) BRONZE )
保証 1年間保証

146,980円~(税込)

公式サイトでカスタマイズしてみる

 

まとめ(10万円から15万円までパソコン購入に迷っている方へ)

今回は10万円から15万円までゲーミングPCに着目して、現役エンジニアの視点から、販売モデルの実情とスペック、オススメのモデルを解説しました。

10万円から15万円までゲーミングPCは、ゲーマーがお手軽な値段で手に入れられる高性能PCであり、それなりに高いゲーミング性能があります。特にこの価格帯は最も人気なので、販売数も多く、好みのPCを選びやすいというメリットがあります。一方で、初心者にとってはコストパフォーマンスの高いモデルを選択しにくいというデメリットも。

どのくらいのスペックのパソコンを選ぶか迷われた際は、想定より少し高いスペックのものにするといいかもしれません。上で解説したように、10万円から15万円までのゲーミングPCは、ローエンドからミドルエンドクラスの性能なので、重たいゲームを快適にプレイするには不十分です。そのため、多少余裕のあるスペックにしておくことで、将来重量級のゲームで遊んだり、解像度やフレームレートを高めてプレイしたいときに、スペック不足になって困るのを回避できます。

-BTO, ジャンル別徹底比較
-, , ,

© 2023 はまたんく