動画編集

【2020最新】ゲーミングPCでも動画編集はできる?ゲームもクリエイティブもできるPCの選び方

最近はYoutubeを筆頭に動画サイトの勢いが伸びていますね!
読者の中には自分でチャンネルを開設して、ゲームのプレイ動画や実況を投稿したい人もいると思います。
筆者である管理人も、普段からゲームプレイしつつ、動画撮って編集したりするのが楽しくて仕方がありません…!

とはいえ、動画編集には高い処理能力のあるPCが求められます。

特に普段PCでゲームする人は「ゲーミングPCでも動画編集ってできるの?」と疑問に思うのではないでしょうか。

検討してみると、ゲーミングPCでも問題なく動画編集できるといえます。
この記事では、ゲーミングPC単体でどのくらい動画編集できるのか、動画編集もできるスペック構成はどう選んだらいいのかを解説しています。

 

趣味・副業で始めるならゲーミングPCでOK!

結論から言えば、ゲーミングPCでも動画編集作業を行うことができます。

ゲーミングPCはゲームをぬるぬる快適にプレイするために、グラフィックスの処理性能がもともと高く、これをそのまま動画編集にも応用できます。
カットや字幕挿入といった基本的な編集からエフェクトの挿入、簡単なCGモーションを作るのも、ミドルレンジ以上のスペックのゲーミングPCであれば問題ないでしょう。

ゲーミングPCでもOKな理由

  • 編集工程のすべてで重要になるCPUのスペックがそもそも高い
  • 動画の再生能力に直結する高性能なGPUを搭載している
  • ゲームを保存しておくためにストレージ(SSD、HDD)の容量が元から大きい

記事を執筆している管理人もGeForce RTXシリーズを搭載したゲーミングPCで普段から動画編集していますが、YouTubeにアップする動画などの制作にがんがん打ち込んでいます。
明らかに重い書き出し処理以外はゲーミングPCでも快適に動画編集使えていますよ!

 

本格的な動画制作ではゲーミングPCだと不安

ただし、何人ものクライアント(Youtuberなど)を抱えているようなプロに近い仕事をするにはゲーミングPCだと力不足です。
なぜなら、ゲーミングPCはあくまでゲームを快適にプレイできるように作られていますが、必ずしもクリエイティブが快適に使えるPCではないからです。

こうした違いはGPUに原因があります。
ゲーミングPCに搭載される GeForce はゲームプレイに最適化されたGPUです。
一方、本格的な動画編集では Quadro というGPUを使うことで作業を効率化できます。
QuadroはNVIDIA社製のクリエイティブ向けGPUブランドです。
動画編集用ソフトにはこうしたクリエイティブ向けのQuadroを使うことでかなり高速化されるものもあります。

例えばプロも使う本格的な動画編集ソフトである Adobe Premiere Pro(Pr)は Quadro の使用を推奨しています。また、OpenGLを使うCADなどのソフトはQuadroを使うことを前提に作られています。

GeForce ゲームに最適化
Quadro 動画編集・CADに最適化

ゲーマー向けグラフィックボードのGeForceでも動画編集はできますが、クリエイティブ向けソフトの能力を最大限に引き出す点では、 Quadroに一段劣るでしょう。

Geforceのロゴ。グラフィックボードとしてはかなり一般的でポピュラーな存在。

Quadroのロゴ。Quadroは動画編集だけでなく、工業製品の設計、医療診断、建築など幅広いクリエイターが活用している

 

入門者はゲーミングPCでも十分です。ですが、本格的に動画編集を始めるときにはクリエイター向けPCに投資することを検討してみましょう!

 

動画編集おすすめのゲーミング構成

上記を踏まえると、ゲーミングPCで動画編集するとなると、ミドルレンジ以上のスペックのものが必要ということになります。動画編集歴も長いゲーム好きの管理人によるおすすめ構成を考えてみました。

 

入門者に最適!ミドルレンジの入口:G-Tune EM-Z

管理人が大好きなマウスコンピューターがお届けするゲーミングPC。ミドルレンジでもハイクラスに位置するCore i7-10700搭載。GPUもGeForce RTX 2060 SUPER搭載で重いゲームも余裕で動く。ゲームをする裏で動画編集・画像編集もできるから、これ一台で幅広く対応できる。メモリは標準的な16GBなので、心もとないときは増設したほうがいいだろう。動画編集入門者向けにおすすめできる構成だ。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル i7-10700K プロセッサー ( 8コア / 16スレッド / 3.80GHz / TB時最大5.10GHz / 16MB )
メモリ 16GB メモリ( PC4-21300 / DDR4-2666 )
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD ( M.2 PCI Express 接続 ) +2TB HDD
電源 700W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )
光学ドライブ 非搭載(オプションで追加可能)
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
その他 -

174,800円~(税込192,280円~)

公式サイトでスペックを見てみる

 

本格的に動画編集を始める準備に:GALLERIA ZG

最も買われているゲーミングPCブランドのひとつGALLERIA。その中でもアッパークラスに位置するZGシリーズは第9世代最速のCore i9-9900Kを搭載している。GPUはGeForce RTX 2080 SUPERでこちらもほぼ最速チョイス。世界にあるほぼ全ての現行ゲームはぬるぬる動く。また、クリエイティブで使うAdobeソフトなどだいたいの動画編集ソフトも快適に動作する。Premiere ProやAfter Effectsの重いエフェクト追加などにも対応できる。標準構成だとメモリは16GBだが、32GBに増設するほうがおすすめ。本格的に動画編集をしたい人に推奨したいスペック構成だ。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i9-9900K (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB メモリ( PC4-21300 / DDR4-2666 )
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
ストレージ 1TB PCIe/NVMe SSD
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
光学ドライブ 非搭載(オプションで追加可能)
保証 持ち込み1年保証 【 無料 】 / 初期不良対応期間 1週間
その他 LFS池袋24時間ペアチケット

219,980円 (+税)

公式サイトでスペックを見てみる

 

 

まとめ

ゲーミングPCでも動画編集はできますし3Dを駆使するなどして結構凝った動画も作成することができるでしょう。

しかしQuadroをはじめ、クリエイティブ向けのパーツを搭載したPCには劣る部分があります。特にPremiere Proなどのプロも使うソフトを使用する場合などには、クリエイターPCの購入を考えてみるのもいいという感じです。

 

もっと知りたい方へ

Quadroはクリエイティブ向けのGPUで、OpenGLという技術を使用して動画製作するソフト(Adobe Premiere Pro CCなど)の力をより一層引き出す能力を持っていて、GeForceなどと比べても高価です。

しかし、クリエイティブ向けと言っても、動画編集において全ての場合に高速化できるわけではありません。

OpenGLに対応しておらず、Quadroの特性を生かせないようなソフトを使用するなら、宝の持ち腐れになってしまいます。同じ価格のGeForceで高性能なもので処理した方が早いケースも考えられるでしょう。

ですから、クリエイティブ向けPCというから安心して購入するのではなく、ご自身のやりたいこと・使用したいソフトなどに応じてマシンを選ぶことをおすすめします!

 

-動画編集
-, , ,

© 2023 はまたんく