BTO レビュー

マウスコンピューター G-Tune HM-A-3060Ti BTOパソコン比較レビュー!低予算の入門エントリー機

マウスコンピューターから発売されているゲーミングPC『G-Tune HM-A-3060Ti』。

今回は現役エンジニアの立場から、G-Tune HM-A-3060Ti のスペックについて解説し、購入すべきかどうかを使用用途ごとに判断しています。メリットノホ他にも、重要なデメリットについても解説しているので、購入前の参考にしてみてくださいね。

・G-Tune HM-A-3060Ti でゲームはプレイできる?
・G-Tune HM-A-3060Ti でプログラミングはできる?
・G-Tune HM-A-3060Ti はビジネス用途に向いている?
・G-Tune HM-A-3060Ti と他の人気PCとの比較

G-Tune HM-A-3060Ti の基本スペック

モデル名 G-Tune HM-A-3060Ti
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 5 4500
メモリ 16GB (8GB×2)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
SSD 512GB (NVMe)
HDD なし
電源 700W 80PLUS BRONZE
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 169,800円〜
公式でカスタマイズしてみる

 

総合評価(使用用途別)

まずはG-Tune HM-A-3060Ti の総合評価です!

下の表は、星が多いほど動作が快適なことを表しています。

ゲーム(美麗3D)
ゲーム(重量FPS) ☆☆
ゲーム(軽量FPS) ☆☆☆
ゲーム(2D・レトロ) ☆☆☆☆
動画・画像編集 ☆☆
プログラミング ☆☆
データ分析・AI
事務処理(Excel・Word等) ☆☆☆

 

G-Tune HM-A-3060Ti のレビュー結論

G-Tune HM-A-3060Tiは、マウスコンピューター製のミドルエンドのゲーミングPCです。AMD Ryzen 5 4500プロセッサとNVIDIA GeForce RTX 3060 Tiグラフィックカードを搭載しており、軽めのゲーミングからレイトレーシング処理を含む重量級のゲーム体験まで可能です。ただし、CPU性能が抑えられており、高設定の4Kプレイやゲーム実況配信などには向きません。ゲームの他にも、プログラミングなども可能になっています。

GeForce RTX 3060 Ti採用でこの価格帯は他にない水準であり、価格面でもコストパフォーマンスが高く、グラフィックス性能を重視したい低予算のゲーマーにオススメです。

記事の後半で用途ごとに詳しく解説しています!

 

G-Tune HM-A-3060Ti の性能スコア比較

AMD Ryzen 5 4500 CPUスコア

G-Tune HM-A-3060Tiは、AMD Ryzen 5 4500を搭載。このCPUは6コア12スレッド、TDP 65.0Wで定格3.6GHzというスペックであり、性能としてはローエンドからミドルエンドくらいに位置します。

ゲームプレイにも対応していますが、PCMarkスコアはIntel Core i3-12100と同等で、Core i5-11400よりもかなり下位となっています。Ryzen 5 3600やRyzen 5 5500と比べるとL3キャッシュが半減以下となっているので、ゲーミング性能も抑えられています。結論として、全体のパフォーマンスは入門クラスで、毎日重ためのゲームをプレイするスタイルなら少々物足りなさを感じるかもしれません。とはいえ、一般的なほとんどのゲームでは必要十分なスペックでしょう。

また、RAW現像を含むクリエイター作業や動画編集などにはあまり向いていません。一方、WEB制作や軽めの画像加工、イラスト制作なら十分な性能です。

価格面では、実勢価格が12,000円前後で、類似スペックのIntel Coreブランドと比べてもかなり低価格です。まさに安いゲーミングPCを構築したいゲーマーにとって選択肢のひとつとなるでしょう。しかし、1世代新しいRyzen 5 5500なら+数千円の価格で大幅に演算性能が上昇し、Intel Core i5-11400と張り合えるゲーミング性能となり、あえてRyzen 5 4500を選ぶメリットが薄くなっています。

NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti GPUスコア

G-Tune HM-A-3060Tiは、グラフィックスカードにNVIDIA GeForce RTX 3060 Tiを搭載しています。CUDA 4864コア、VRAM 8.0GBを搭載し、VRAM帯域幅448.0GB/s、TDP 200.0Wで動作します。

ゲーム性能はミドルレンジクラスで、ほとんどのゲームが快適にプレイ可能です。フルHD設定では144Hz以上の高リフレッシュレートのゲーミングディスプレイにも対応し、反応速度が重要になるFPSのゲームプレイも優位になるでしょう。また、レイトレーシング機能も多少は利用可能です。初級者から中級者のゲーマーには最適なGPUといえます。

GPU自体は動画編集のパフォーマンスにもプラスに影響しますが、CPU(Ryzen 5 4500)の組み合わせで考えると、全体的に動画編集性能は低く、物足りなさを感じるでしょう。クリエイターの初級者向けの環境なら、HM-BHM-A(Ryzen 7 5700Xモデル)をおすすめします。一方、CUDAコアを大量に搭載しているため、機械学習のタスクには活用しやすいですね。

価格面では、実勢価格5万〜6万円近辺。前世代 RTX 2080 SUPERと同程度の性能なのに、価格は半分以下です。かなりコストパフォーマンスが高いといえます。20万円未満のゲーミングPCなら選択肢としても問題ありません。

G-Tune HM-A-3060Ti のメリット・デメリット分析

ケースの特徴

低予算でも高性能PCケースを手に入れる。使用感、カスタマイズ性能、冷却効率、デザインどれを挙げても見事な一台。

G-Tune HM-A-3060Tiは、マウスコンピューターのミドルタワータイプのゲーミングPCで、機能性と安定性が向上したPCケースが採用されています。

まず、ゲーミングPCケースの性能で最も重要な要素のひとつ冷却性能について。底面から自然に取り入れられる大量のエアフローが、処理負荷が高くなるほど高熱になるパーツから熱を奪い取り、リア(後ろ側)に排熱する構造になっています。フロントパネルから給排気口を取り除いてモノリックなデザインにした一方で、ちゃんと冷却性能を考慮しているのもさすがのG-Tuneといったところ。

インターフェースでは、VRなどで使用するHDMI端子をケースフロントに搭載するなど、ゲーマーに寄り添っているのに好感です。フロント上段のインターフェースの設置面に傾斜をつけることでデバイスの接続が簡単に行うことが可能になっているのがポイントです。光沢感のあるデザインもクールですね。

デメリットは特にありませんが、強いてあげるならフロントパネルに追加のメディアドライブ(SDカードやDVDドライブなど)を追加できないところでしょうか。

以上から、G-Tune HM-A-3060Tiのケースのメリット、デメリットをまとめてみます。

メリット

  • 使い勝手が良くカスタマイズしやすいミドルタワーサイズ
  • 優れた冷却性能(=拡張性OK)
  • 傾斜のあるフロントインターフェースが便利
  • 上面のHDMI端子が意外と便利

デメリット

  • 側面ガラスパネス(シースルー)はオプション選択
  • フロントパネルには追加のドライブ設置不可

ゲーム性能の分析

マウスコンピューターG-Tune HM-A-3060Tiは、AMD Ryzen 5 4500 CPUとNVIDIA GeForce RTX 3060 Ti GPUを搭載したローエンドゲーミングマシンです。

軽いゲームは快適にプレイ可能で、重たい3Dゲームもある程度は問題なくプレイ可能です。しかしスペック的にVRゲームはサポートされておらず、ゲーム実況配信も快適に行うことができませんと考えた方がいいでしょう。

ポイント

ゲーム(美麗3D最高設定) プレイ自体は可能。低設定でのプレイが前提となる
ゲーム(重量級FPS) 普通未満設定でのプレイは可能。高設定・高フレームレートは期待✕
ゲーム(軽量FPS・2D) 問題なくプレイOK。高フレッシュレートのモニタとの相性も◎

 

動画・画像編集における性能

G-Tune HM-A-3060Tiは、AMD Ryzen 5 4500 CPUとNVIDIA GeForce RTX 3060 Ti GPUを搭載したコストパフォーマンスの高いモデルです。

YouTube動画編集などの基本的な作業には十分な性能を持っていますが、3DCGやアニメーション制作等の専門的な作業には不向きです。クリエイター作業では、GPUがある程度スペックが高いためアクセレーション機能は使用できますが、CPUのパフォーマンスに不安を感じます。初心者から中級者のサブマシンとしても選ぶのにはよいかもしれません。

 

プログラミングにおける性能

マウスコンピューターのG-Tune HM-A-3060Tiは、AMD Ryzen 5 4500というプロセッサを搭載した低級〜中程度のプログラミング性能を持つコンピュータです。

WEBプログラミングやアプリ開発などの軽量な開発作業には十分適していますが、機械学習やブロックチェーン開発といった高度な処理を行う場合は、さらにスペックの高いCPUにした方がよいでしょう。また、高水準のコンテナ開発環境のニーズには対応できません。

一方で、CPUの性能と価格面だけを見ると、コストパフォーマンスの点で非常に高く評価しています。ある程度安いゲーミングPCで、WEB開発をしたいがゲームもしたいといった幅広い用途を考えているならおすすめできます。その場合は、セール時などに16万円台以下で販売されているタイミングが良いでしょう。

 

データ分析・AI開発における性能

G-Tune HM-A-3060Tiは、AMD Ryzen 5 4500プロセッサを搭載しており、データ分析では中程度のパフォーマンスを実現するゲーミングPCです。

ExcelやPythonなどを使って小規模なデータセットを分析することに関しては十分なパフォーマンスを発揮しますが、大規模なデータセットに関してはスペック不足の可能性が高いです。また、有料BIツールなどの実行には向いていません。

GPU(NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti)を含めて考えるとコストパフォーマンスの面では優れた性能ですので、GPUをうまく活用できるタスクをお持ちなら割安感があるかもしれません。

 

事務処理における性能

G-Tune HM-A-3060Tiは、AMD Ryzen 5 4500プロセッサーを搭載した一般的なパフォーマンスのパソコンです。処理性能パフォーマンスとコストパフォーマンスの両方に優れています。

事務処理性能は中〜高レベルであり、OfficeソフトやBIツールなどの基本的な作業を快適に行うことが可能です。また、作業自動化のような高度な作業もほとんどのソフトウェアが実行可能でしょう。

一方、GPUは高性能なゲーミング用のGeForce RTX 3060 Tiを搭載しており、オーバースペックとなることがほとんどかもしれません。機械学習などの並列処理を行わないビジネス用途では、グラフィックカード無しのモデルを選択しましょう。

 

G-Tune HM-A-3060Ti シリーズ外観レビュー

前側面(右)

 

 

上側面

 

側面(サイドパネル)

 

側面(サイドパネル)

 

全体・モニタ配置例

 

全体・モニタ配置例

 

全体・モニタ配置例

 

全体・モニタ配置例

 

 

総合的な判断(G-Tune HM-A-3060Ti シリーズ購入に迷っていたら読む)

G-Tune HM-A-3060Tiは、マウスコンピューターのミドルタワータイプのゲーミングPCで、性能面ではローエンド〜ミドルエンドに位置します。

GeForce RTX 3060 Tiグラフィックカードを搭載してセール価格16万円台は非常に手頃で、コスパはかなり高いです。低予算でグラフィックス性能を重視したい初心者〜中級者のゲーマーにおすすめできます。

一方、CPUは前世代のRyzen 5 4500で性能が抑えられており、高設定の4Kプレイやゲーム実況配信などには向きません。FPS・シューティングや2Dゲームなどが主になるユーザーなら必要十分といえますが、ハイパフォーマンスが必要になるタイトルのプレイは難しいでしょう。そうしたユーザーはHM-Aなどの上位モデルの検討をおすすめします。

 

モデル名 G-Tune HM-A-3060Ti
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 5 4500
メモリ 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
SSD 512GB (NVMe)
HDD なし
電源 700W 80PLUS BRONZE
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 169,800円〜

公式サイトでカスタマイズしてみる

-BTO, レビュー

© 2023 はまたんく